歯科矯正の開始時期

お子さんの家から矯正するメリット

乳歯のある成長期に矯正を行うと効果的なのが、咬み合せの矯正です。
咬み合せが悪いと、歯磨きが正しくできず、虫歯になるリスクが高くなります。
特定の音が発音しにくかったり、滑舌が悪くなったりすることもあります。
歯並びや噛み合わせが悪い状態が悪化すると、顎の関節にまで影響し、口が開けにくくなる事もありえます。
顎の骨の成長期に矯正を行うと、成長が早い方のあごの成長を抑制したり、遅い方のあごの成長を促進することで、噛み合わせや歯並びを調整することがし易いというわけです。
永久歯に完全に生え変わる前に、新しく生えてくる歯のために、整ったスペースを用意することができ、大人になってから矯正する場合でも軽微で済む可能性が高まります。

乳歯のあるうちの矯正方法

お子さんの噛み合わせの問題を改善するために、よく用いられるのが顎の成長を制限、あるいは促進する器具を装着する方法です。
歯の裏側に、顎を広げる為の拡張床といった器具を取り付け、徐々に広げて行ったり、歯列が乱れてしまっている歯にブラケットと呼ばれる金属、あるいはセラミックでできた部品を取り付け、ワイヤーを通すことで歯を動かす方法です。
いずれも、小さいお子さんの場合は嫌がったり、また、装着中、歯が動くことや、口の中に部品が引っかかることで痛みを感じてしまう事もあります。
最近は、マウスピースを装着する方法も用いられています。
メリットは、なんといっても痛みを感じにくい事です。
歯の動きに応じて、マウスピースの形も変えていき、最終的に正しいポジションに持って行く方法で、装着していても目立たない透明タイプだったり、寝ている間に装着するタイプだったりと、人の目が気にいならない仕様になっています。


この記事をシェアする